オール電化のデメリット

オール電化のデメリット

オール電化のデメリット

 

オール電化のデメリット

 

導入の際の機器代が高価。

エコキュートやIHクッキングヒーターは、ガス給湯器やガスコンロに比べて高価になります。
設置にかかる工事費用も発生します。これらの費用はオール電化にする事によって安くな
る光熱費で7〜12年で元が取れる計算になります。

 

使用出来るお湯の量が限られる。

エコキュートのタンクに貯めておけるお湯の量は決められています。
無限にお湯を貯めておけるタンクは今のところ存在しませんから、どうしても
使用出来るお湯の量が限られてしまうのです。
もちろんタンクにお湯が無くなれば新たなお湯を作ることができますが、
昼間にお湯を作ると電気料金が上がってしまうという欠点があります。

 

エコキュートはタンク内のお湯の熱と熱交換して追い焚きするため、残湯量が
少ない状態で追い焚きしようとすると追い焚きに時間がかかってしまいます。そのため
メーカーも残湯量が少ない時は、追い焚きではなく、高温差し湯を推奨しています。

 

エコキュートを設置するスペースを確保しなければならない。

このスペースの問題は一部の人にとってはデメリットとなり得るのかもしれません。
屋外に0.5坪程度のスペースが必要になります。

 

強い火力を必要とする料理を作る時は工夫が必要。

オール電化の家での調理はIHクッキングヒーターを使用しますが、火を使って調理を
行っていた人にとっては物足りなさを感じてしまう場合があるようです。
慣れとも言えますが、火力がガスコンロを使った時のようにはいかないので、強い火力を
必要とする料理を作る時は工夫が必要になるかもしれません。

 

IHの場合ヒーターからフライパンを離すと通電されませんので、こするようにしかフライパン
を動かせません。(鍋振りは出来ません)
そして子供が火に接することなく成長することも考えられるので教育上デメリットがあると
みている専門家もるようです。

 

調理器具はIH用に交換する必要がある。

調理に使うフライパンなどの器具はガスにのみ使用できる物の方が圧倒的に普及しています。
もしお持ちの調理器具がガスにのみ対応している物だった場合、それらをIHクッキング
ヒーターで使用できるものに交換しなければなりません。
多少の手間と経済的負担がかかる点は軽いとはいえ、デメリットと考えられるでしょう。

 

停電になるとすべてストップしてしまう。

オール電化は電気を使って何もかもを行うことになりますから、停電になると調理や給湯が
出来なくなる可能性があります。停電の際に対応できるような器具や道具などの準備は
欠かさないようにしなければなりません。いざという時のためにカセットコンロを用意しておくと
良いと思います。

 

オール電化には非常に多くのメリットやデメリットもあります。メリットだけではなくデメリットに関しても
できるだけ情報を集め、それらをメリットと比べた上でオール電化の導入を真剣に検討してみてください。

 

 

 

オール電化の安い業者はココで探せ


⇒実証済み。確実にオール電化を安く導入する方法
(ココをクリック)

 

オール電化は、設置する場所の条件や、環境が一軒一軒違うために、絶対的な金額が決まっていません。
そうなると、単純に比較することが大事になってきます。比較をしないで1社だけで選んでしまったら、実はそこはものすごく
高かったというケースが起こり得ます。なので、一括見積もりで比較検討することは必須の作業と言えます。

 

実話です。一括見積りでオール電化の設置価格が30万円も安くなりました!
(安くオール電化を設置したい人は必見!実際に30万円安くなった方法を公開します。)

  第1位   第2位


オール電化一括見積.com
オール電化一括見積もりの草分け的存在
「誠実さ」「商品知識」「アフター」
三つの観点で販売施工業者を厳選
評価 


グリーンエネルギーナビ
太陽光発電の一括見積もりで利用者No.1の
タイナビが運営。信頼度・実績間違いなし。
顧客満足度が高い
評価 

※カレンは実際に上記2社の担当者にお会いして確認しています。

 


ホーム RSS購読 サイトマップ
HOME オール電化を激安で設置 オール電化のメリット よくある質問 何年で元が取れるか?