エコキュートのシャワーの水圧が弱いのはなぜ?(減圧弁設定)解決策と対策

エコキュートのシャワーの水圧が弱いのはなぜ?(減圧弁設定)解決策と対策

エコキュートのシャワーの水圧が弱いのはなぜ?(減圧弁設定)解決策と対策

 

何でもそうですが、新しい設備に交換して、以前の設備より使い勝手が悪くなった
所というのはすごく気になる物です。

 

ガス給湯器からエコキュート(オール電化住宅)に変えた時に、一番の不満は
「シャワーのお湯の勢いが弱くなった」というものです。シャワーの水圧低下ですね。

 

エコキュートはお湯をタンクに貯める方式なので、水道直圧式のガス給湯器に比べ
シャワーの勢いが弱くなります。なぜ弱くなるかというと・・・

 

エコキュートのお湯を貯める貯湯タンクは耐圧に限界があるので、水道圧を減圧弁で
減圧してタンクに給水します。その水を加熱して、減圧したままのお湯や水を使って
給湯や湯はりする方式なので、2箇所同時に使用したりするとシャワーがどうしても弱く
なってしまいます。

 

エコキュートの標準タイプのもので、減圧弁設定が170Kpaになっています。それに比べ
ガス給湯器の場合、水道元圧のままシャワーとしてでてくるので500Kpaの水圧があります。
エコキュートにすると約1/3のシャワー圧になってしまうと言うことなのです。

 

そのため、エコキュートに変えて「シャワーのお湯の勢いが弱くなった」という
苦情が相次いだので、各メーカーとも高耐圧の貯水タンクを搭載して、減圧弁設定を
300Kpa程度にした、高圧給湯タイプの製品を出してきています。

 

メーカー 高圧給湯の愛称 減圧弁設定
日立 ナイアガラ出湯 水道直圧給湯
東芝 ウルトラ出湯 300Kpa
三菱 ハイパワー給湯 280Kpa
パナソニック パワフル高圧給湯 300Kpa
ダイキン パワフル高圧 300Kpa

 

水圧300Kpaと170Kpaの比較 (上段300Kpa 下段170Kpa)

 

高圧給湯タイプのものであれば、ガス給湯器と比べても遜色なく、2Fの浴室でシャワーを
使ってもまったく問題の無いレベルです。シャワーの水量調節も、全開でなくても気持ち
いいシャワーが浴びれます。

 

現在使っているエコキュートの減圧弁設定が170Kpaで、「シャワーのお湯の勢いが弱い」と
感じているならば、解決策としては以下の対策が考えられます。

 

@水道元圧の圧力を確認する。
A給湯設定温度を高くし、湯水混合の際の水の割合を増やす事で圧力を高める。
Bシャワーヘッドを低水圧用に取りかえる。

 

 

 

オール電化の安い業者はココで探せ


⇒実証済み。確実にオール電化を安く導入する方法
(ココをクリック)

 

オール電化は、設置する場所の条件や、環境が一軒一軒違うために、絶対的な金額が決まっていません。
そうなると、単純に比較することが大事になってきます。比較をしないで1社だけで選んでしまったら、実はそこはものすごく
高かったというケースが起こり得ます。なので、一括見積もりで比較検討することは必須の作業と言えます。

 

実話です。一括見積りでオール電化の設置価格が30万円も安くなりました!
(安くオール電化を設置したい人は必見!実際に30万円安くなった方法を公開します。)

  第1位   第2位


オール電化一括見積.com
オール電化一括見積もりの草分け的存在
「誠実さ」「商品知識」「アフター」
三つの観点で販売施工業者を厳選
評価 


グリーンエネルギーナビ
太陽光発電の一括見積もりで利用者No.1の
タイナビが運営。信頼度・実績間違いなし。
顧客満足度が高い
評価 

※カレンは実際に上記2社の担当者にお会いして確認しています。

 


ホーム RSS購読 サイトマップ
HOME オール電化を激安で設置 オール電化のメリット よくある質問 何年で元が取れるか?